屋上防水は劣化する!防水改修をして快適に過ごそう

屋上防水をしているのになぜ雨漏りが発生するの? 屋上防水をしているのになぜ雨漏りが発生するの?

雨漏りの放置はNG~屋上防水で防水改修しよう~

傷んだ天井

例え屋上防水を施していたとしても、防水層が劣化してしまえば防水効果はなくなります。屋上防水を施しているにも関わらず、また雨漏りが発生するようになったのであれば、それは劣化のせいかもしれません。雨漏りがひどくなる前に、防水改修をしておきましょう。

雨漏りが起こす二次被害

住まいに大きなダメージ
雨漏りが発生しているということは、壁や木材が水分を吸収しきれないほど湿ってしまっている状態だということです。つまり、思っている以上に家の内部がダメージを受けていると言えるでしょう。家の内部がダメージを受けて脆くなっていれば、当然家の強度は著しく低下します。日本は地震大国と言われるくらいですから、このような状態にならないよう屋上防水を施すなど早めの対策が必要です。
健康にも影響
雨漏りを放置すれば、その分木材や壁は水分を吸収していきます。木材や壁が常に湿った状態となってしまうと、カビや木材腐朽菌が発生し、健康被害にまで発展する恐れがあるでしょう。カビや木材腐朽菌は吸い込んでしまうことで、アレルギーや喘息を引き起こす原因となります。こうした症状を発症してしまうことがないように、雨漏りは素早く直すことが大切です。

こんな症状があったら要注意

  • 雨が降っている時に水の音がする
  • 雨が上がるとカビ臭いのが気になる
  • 窓のサッシ部分から水滴が落ちてくる
  • 天井や壁にシミがある

このように雨漏りは屋上防水の防水改修せずに放置してしまうことで、2次被害に見舞われる恐れがあります。家の強度が落ちてしまったり健康被害を引き起こしてしまったりと、深刻な問題が発生する前に早めに専門の業者へ連絡しましょう。

防水改修で雨漏りのない屋上に

雨漏りが再発してしまっている場合、屋上の防水層に何らかの原因がると考えられます。放置するほど状況は悪化していってしまい、必要な改修工事も大掛かりなものになってしまうかもしれません。そうならないように、早い段階で防水改修をしてしまいましょう。

チェック項目

このような症状がある場合は危険です(防水工事業者)

まず屋上に行って、防水層の状態を確認してみてください。防水層に膨れている部分があったり、剥離していたりする部分があると危険度は高いです。膨れている部分は水が浸入している証拠ですし、剥離している部分からは当然水が浸入してしまいます。このような状態であれば、すぐに業者へ連絡してください。また、防水層が重なり合っている部分に隙間ができている、防水層の基礎が見えてしまっている状態もよくありません。劣化が進行しているということになりますので、防水改修が必要でしょう。

作業員

雨漏りが再発してしまっている場合はもちろん、屋上防水を施工してから数年が経過している場合にも、一度防水層のチェックをした方がいいでしょう。上記のような状態が当てはまるのであれば、今以上に悪化させないためにも、業者に防水改修の相談をするのがおすすめです。

TOPボタン